しみやほくろの除去

女性

しみはほくろやあざの一種で、大抵のものは取ることができます。種類もいくつかあり、光機器かレーザ機器を使った治療法がメインになります。「(しみ)の種類と治療方法・老人性色素班」いわゆる普通のしみ、一番取れやすいものです。日常的に繰り返して浴びた紫外線の影響でできるものです。多くは30歳以降から出る、濃い褐色の境界明瞭な(しみ)。大きなもの、小さなものが複数など、症状は様ざま。きちんと除去すれば、同じ場所での再発は少ないです。強いレーザ(Qスイッチルビーレーザー)&光治療(フォトシルクプラス)のどちらでも対応可能です。「肝斑」年齢を重ねるほど顔の左右対象に出現。女性ホルモンのバランスが影響して出てくるぼんやりとした(しみ)。

額、頬骨まわりなどに左右対称に生じることが多い。治療に時間がかかり、つよりレーザー治療だと濃くなる可能性もあるため、医師の的確な判断がマスト。肝斑にも効果的なレーザーで少しずつメラニンを壊して排除させていくのがおすすめです。「雀斑」若いころから目立ち始める(しみ)。思春期に目立つようになる小さめの色素班。紫外線を浴びることで濃くなることもあるため、年齢とともに増えたように感じることも。遺伝的要素も強いと言われているので、治療で取れやすいものの、再発する可能性も。老人性色素班と治療方法は同じ。ただし、雀斑は額の広い面にできることが多いので、広範囲に打てる光治療がよいでしょう。「脂漏性角化症」ふくらみがあって大きめ目立つもの。こめかみや頬、生え際にできる盛り上がった(しみ)。老化現象による良性腫瘍で、放置すると大きくなっていく。厚みがあるため、表面を削る炭酸ガスレーザーで。1回で取れることが多く、炎症後色素沈着は3ケ月ほどで薄くなります。本気で(シミ)を消したいなら、まずは、カウンセリングから始めてみては。